Posted by at

2009年03月23日

カテゴリー名「地球救済作戦by磁気」は大げさか?

 「石油や石炭はいずれ無くなる」とは,子供の頃から聞いていた,しかし遠い未来のこととしか受け止めていなかった.ところが,今や現実問題となった.合わせて石油を燃焼させた二酸化炭素が環境を急変させ生物の生存が危ぶまれる事態になり,問題は深刻になった.
 20年前には今程の認知はなかったように思う.それほどに急変しているとも言えよう.今や「異常気象」が当たり前になり,「観測史上初めて」と言う言葉にも驚かなくなった.
 私にも子供がいて,将来のことが実感として心配になる.クリーンなエネルギーが存分にあれば,人類が抱えている様々な問題の多くが解決する.戦争すら激減するようである.

 私はこのブログのカテゴリーを「地球救済作戦by磁気」とした.これは決して大げさではなく現実である.
 今では太陽光発電や電気自動車はクリーンエネルギーの先頭を切って期待されている.ところが華やかな表舞台からは誰も見ることがない陰の技術で大きな課題がある.この分野で私が提案している磁気技術が,縁の下で活躍している多くの技術者から解決策として高い評価を受けている.

 「高速道路無料化」を提唱した山崎養世氏が最近書いた「日本復活の最終シナリオ」〜太陽経済を主導せよ〜,と言う本がある.これは,古い太陽エネルギー(化石燃料)ではなく,今の太陽エネルギーを活用すべし.これからの世界経済は太陽エネルギーを手中にしたものが世界をリードする,と言うものである.
この中で,私の磁気技術は重要な技術として位置付けられ,私も紹介されている.

 「地球救済作戦by磁気」が決して大げさではなく現実問題であることを認めたものである.
地球救済にはこの技術だけでは未だ不十分で,もっと驚く次の技術が必要である.

 来たる4月14日の綾水会で私がプレゼンをさせて頂ける.聞きに来て頂けると嬉しい.