Posted by at

2010年03月15日

2月講演大盛況 直流電力社会の感心高まる.

先日お知らせした2月の日経BPの講演は,受講者230余名でした.五つの講演の最後でしたが,30名近くの方に名刺交換を求められて行列になり,「行列ができるのは始めてだ」と主催者ももらしていました.それだけ直流電力社会への感心が高まっている証拠だろうと思います.
そして,多くの企業様とライセンスの商談を進めています.

4月と7月にはそれぞれ別の主催者の別のテーマで講演します.
何れも東京で,受講料が4〜5万円かかりますので,気安くはお勧めし難いのですが,ご関心があったらWebで検索して下さい.

直流電力社会への関心は益々高まっていて,上記3つのセミナーは全て直流電力社会がテーマです.
この傾向はすでに大きな流れになっていて,多くの方は上流(開発・生産)に感心を寄せられています.しかし,中流(メンテなど)や下流(リユース・廃棄)のビジネスにもビッグチャンスがありそうです.
直流電力社会における,様々な産業が担わなければならない業務を分析すると,トップランナーになれるビジネスがころがっています.
着眼と発想でビジネスチャンスです.